【競馬】トーホウジャッカル天皇賞 (春)も回避の可能性濃厚

 右前肢の爪を痛めて阪神大賞典への出走を自重した昨年の菊花賞馬 トーホウジャッカル(牡4歳、栗東・谷)は1日、天皇賞・春(5月3日・京都)へ直行する予定だが、まだ患部が完治していないため、回避する可能性が出て きた。「まだ少し、うみが出切っていない。意外と長引いてしまっている」と谷師は現在の状況を説明した。1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2015/04/02(木) 12:42:32.65 ...

関連性のある記事

サブコンテンツ