キタサンブラック ジェンティル母など初年度から種付け150頭超

 昨年末の有馬記念で有終Vを決め、年度代表馬にも2年連続で選出されたキタサンブラックは種牡馬として大人気。12年三冠牝馬で国内外でG1・7勝を挙げたジェンティルドンナの母ドナブリーニなど、150~200頭と種付けを行うことが分かった。 総額13億5000万円(1口2250万円×60口)のシンジケートが組まれ、既に北海道安平町の社台スタリオンステーションで、種牡馬としての新生活をスタートさせている。...

関連性のある記事

サブコンテンツ