【札幌記念】サングレーザーが大接戦を制す!マカヒキはハナ差2着

◆第54回札幌記念・G2(8月19日・芝2000メートル、札幌競馬場、稍重) サマー2000シリーズ第4戦は16頭によって争われ、福永祐一騎手が騎乗した2番人気のサングレーザー(牡4歳、栗東・浅見秀一厩舎、父ディープインパクト)がゴール前で3頭横一線の大接戦を制し、重賞3勝目を飾った。道中は中団から、直線は馬群を割って抜け出した。勝ち時計は2分1秒1。 ハナ差の2着は、後方2番手から進めた2016...

関連性のある記事

サブコンテンツ