【キーンランドC】ナックビーナスが逃げ切り勝ち!人馬ともに重賞初制覇

◆第13回キーンランドC・G3(8月26日・芝1200メートル、札幌競馬場、稍重)  サマースプリントシリーズ第5戦は16頭で争われ、1番人気のナックビーナス(牝5歳、美浦・杉浦宏昭厩舎、父ダイワメジャー)が逃げ切って、悲願の重賞初制覇を果たした。勝ち時計は1分9秒4。騎乗したジョアン・モレイラ騎手はJRA重賞初制覇。ナックビーナスにはスプリンターズS・G1(9月30日、中山)への優先出走権が...

関連性のある記事

サブコンテンツ