【中山金杯】乗り替わりデムーロのトリオンフが競り勝つ!重賞3勝目

 2020年最初の重賞は、フルゲート17頭で争われた中山金杯。トップハンデの58キロを背負った2番人気のトリオンフ(セン6歳、栗東・須貝尚介厩舎)がゴール前の接戦を制し、重賞3勝目を飾った。ミルコ・デムーロ騎手が、落馬負傷の三浦皇成騎手から乗り替わって勝利に導いた。勝ち時計は1分59秒5。 際どい頭差の2着には6番人気のウインイクシード(松岡正海騎手)が入り、3着は11番人気のテリトーリアル(藤岡...

関連性のある記事

サブコンテンツ